「和塾本塾」にぜひご参加ください。
過去の和塾
◎ 和塾 第十二回 「七夕吟歌祭」平成24年7月6日

三越一筋、岩尾法夫氏の「結婚の儀」講演
今回は、織姫と彦☆の結婚の儀を想像し、「日本橋三越本店」の越後屋の伝統を伝える、名物商人岩尾法夫氏 による結婚の儀式に纏わる古今、日本の西と東の違いについて講演をしていただきました。
床の間には、匠の技の品々を集めた結納品一式を整え、貴重な水引の本を閲覧していただきました。後、七夕竹飾りに皆様の思いを書いて頂いた短冊を竹に飾りました。※二次会 沖縄創作料理店「味労」

【講師 岩尾法夫】
日本橋三越本店の呉服部門を30年、結婚サロン17年従事、日本橋界隈の老舗、及び政財界のご子息の結婚に関わる全てを仕切られる。

◎ 和塾 第十一回 「尚武の儀」平成24年5月1日

映画「武士の家計簿」脚本家 柏田道夫氏講演
柏田氏の映画製作に於ける苦労話しに聞き入り、柏田氏の著書「江戸の料理帖」サイン入りを出席者全員頂戴致しました。
和食店「味労」にては、まず一汁二菜を食し後、イルカ料理、ぼたん、大根めしと江戸時代食べていた品を出して戴き、酒、焼酎で大いに賑わいました。
出席者に兼高かおるさんが見えられ、出席者一同、感無量でした。

※文化庁「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産登録へ

◎ 和塾 第十回 「雅ひな祭」平成24年3月3日

幸福を雅に祈願する。
平安の頃から男女を問わず、邪気払いのために催されていた「ひな祭り」。今回の和塾は、能舞「西王母」を和久荘太郎氏に演じて頂きます。(3000年に一度だけ花咲き実のなる、西王母の園の桃、この桃を食べると不老長寿になると言われており、「天上界最高の女神」が周の穆王に献上するおめでたい話です。)

●特別演技/和久荘太郎氏(宝生流)の能舞「西王母」
  能のワークショップ
   ・能面を着ける ・衣装を着る ・高砂やを唱和する
  能の継承について

▲ページトップへ戻る